【セミナー開催レポート】ビジネスマッチングサイト”必勝法”

編集担当 田村

皆さんこんにちは!もっと知るエミーオ!編集部員の田村です。
今回は自社セミナー『ビジネスマッチングサイト必勝法』の開催レポートをお届けします!

メインスピーカー・モデレーターのご紹介

WEBメディア事業部 課長 山口 恭平

株式会社doubL WEBメディア事業部のマネージャーで営業責任者。入社以来一貫してメディア営業に従事する。BtoBマッチングサイト『EMEAO!(エミーオ)』のクライアントと密に連携しており、競合調査のデータも含めて「ビジネスマッチングサイトの実態」を理解している。

WEBマーケティング事業部 部長 磯崎 慎平

株式会社doubLe・WEBマーケティング事業部のリードジェネレーション業務を統括する。およそ10年に渡り、リスティング広告運用責任者として億単位の予算を運用した経験を持つ。現在、他社ビジネスマッチングサイトを実際に利用するなど、集客体制強化に取り組んでいる。

セミナー内容ダイジェスト

そもそもビジネスマッチングサイトとは?

新規開拓の手法の一つとして注目を集める「ビジネスマッチングサイト」。

「比較サイト」や「一括見積もりサイト」もその仲間になります。

特徴としては、「アポ獲得や商談のフェーズでやや難しさはあるが、リード獲得数は多く受注も生まれている」点です。

中々問い合わせ自体が獲得できない施策もある中、ビジネスマッチングサイトを活用すれば問い合わせ確保までは十分に可能です。

なので、「アポ獲得」と「商談」についてビジネスマッチングサイト特有の課題に上手く適応できれば、しっかりと受注が生まれます。

今回のセミナーでは、注意点も踏まえつつ具体的な売上アップのノウハウをご紹介しました。

ビジネスマッチングサイト攻略法・一部抜粋

セミナーで解説した内容から、特に重要な部分をピックアップしてご紹介します。

アポ獲得のために必要なのは、出来る限り迅速かつ複数回連絡することです。

実際に問い合わせをする人の立場としても、問い合わせをした瞬間が最も意欲が高くなっています。
そのタイミングで連絡すると連絡が繋がりやすいのは間違いありません。

あるいは、問い合わせをする人が営業責任者や代表の方など多忙な場合、中々電話に出るタイミングがないという事も少なくありません。
そんな時に、メールも怠らずに送っている企業だと心配りが行き届いていると印象も良く、アポに繋がる可能性が高まります。

ビジネスマッチングサイトはある程度コンペになるのが前提なので、出来る限りこまめかつ迅速な対応をする必要があるといえるでしょう。

商談のフェーズでは、現地・現物を見せることが非常に大切です。

「右も左も分からないため、しっかりと説明して欲しい」というユーザーの流入が比較的多いのがビジネスマッチングサイトの特徴です。

なので、通常の提案でも資料やデモ機の用意は欠かさないはずですが、いつも以上に丁寧な説明が必要であることを意識すると良いでしょう。

セミナーではこの他にもビジネスマッチングサイトを活用して売上アップするためのコツを多数ご紹介しました。

セミナー中に寄せられた質問と回答

迅速な対応が必要とのことだと、大企業が有利で小規模事業者は受注出来ないのでは?

実は小規模事業者と大企業とで受注率の違いはありません。
大企業だったとしても、実際にビジネスマッチングサイト担当になるのは数名しかいないケースは良くあります。
現場レベルでの対応の違いが重要で、実際に社員数名の小規模事業者様が売上アップするケースもしっかりと存在します。

セミナーのご感想

マッチングサービスで獲得したリードは、「利用者の努力で形にしていく必要がある」ということが知れました。

ちょうどマッチングサービスの利用を始めた所だったので良いタイミングでした。迅速さがカギだと再確認したので、社内でも体制をチェックします。

最後に

改めて、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

今後も定期的にセミナーを開催していきますので、よろしくお願いいたします!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる