【スタッフ紹介VOL.11】営業主任の齋藤をご紹介します

編集担当 田村
皆さんこんにちは!もっと知るエミーオ!編集部員の田村です。
このページでは皆様にEMEAO!をより安心してご利用いただけますよう、EMEAO!運営スタッフのご紹介をしていきます!
今回は、EMEAO!営業チーム主任でエースの斎藤 遼(さいとう りょう)をご紹介します!
プロフィール
[名前] 斎藤 遼(さいとう りょう)
[出身地] 東京都八王子市

EMEAO!営業のエース斎藤にインタビュー!

Q:趣味について教えてください!
EMEAO!営業チーム主任齋藤(以下 齋藤):趣味は将棋と落語ですね!
将棋はアマチュア三段で、現在はネット将棋が好きでよく見ています。
昔、プロ棋士対将棋AIの電王戦を見てハマりました(笑)

落語は有名なものは色々見ていますが、柳家喬太郎が好きですね。
噺家によってアレンジが異なり笑いのツボが変わっていくのが面白いなと思っています。

EMEAO!営業のエースにとことん質問!

Q.普段はどのような業務をしていますか?
齋藤:営業チームの主任と現場のフィールドセールスの両方をしています。

責任者の者から営業戦略の指示があるので、チーム長として実際の営業活動に落とし込むところをやっている。
具体的には優先アプローチ対象のカテゴリーの内、どこからアプローチをするかを決定して各営業メンバーに指示していますね。

関連して営業メンバーの育成も業務に含まれています。
営業トークのブラッシュアップやロールプレーイングを担当しています。

Q.現場の取りまとめを行っているんですね。育成についてもう少し聞かせてください。
齋藤:個人的にはOJTが重要だと思っています!
やっぱり、座学で上手くいくのとお客様に実際にお伝えするのだと全然勝手が違いますから。

私がオフィスでテレアポや商談をする時は「聞かせる」ことを強く意識しています。
お客様との関係の作り方やEMEAO!の魅力の伝え方など、「俺の背中を見て育て」ぐらいに思っていますよ(笑)

Q.営業に自信があるからこそのやり方ですね……! ご自身の営業活動はいかがですか?
齋藤:私自身の営業活動はテレアポと、インバウンドの掲載依頼対応の両方を行ってます。

テレアポはまずは興味を持ってもらう必要があるので、一度強めに魅力をアピールすることを意識しています。
限られた時間でまずはEMEAO!に興味を持ってもらい、「少しぐらいなら話を聞いても良いか……」と思ってもらえることだけに集中しています。

掲載依頼への対応は、EMEAO!に何らかの興味を持ってもらえているのでその点をじっくり聞くことを意識しています。

Q.掲載依頼への対応についてもう少し詳しく伺っても良いですか?
齋藤:EMEAO!のお客様の課題にはある程度共通項があるんです。

「集客に課題はある」「WEB集客は何かやってみたい」のが前提で、「それぞれの手法の違いが分からない」「自社に合った施策の選び方が分からない」というお悩みがある方たちが多くいらっしゃいます。

あとは一部、他社も含めてマッチングサイトが良さそうだとして、どういうサイトが良いか知りたいという方もいらっしゃいますね。

この悩みを解きほぐしながら、お客様に合ったコミュニケーションを取っています。

Q.お客様に合ったコミュニケーションとは、具体的にはどのようなものですか?
齋藤:先ほどの続きでいうと、WEB集客含めてそもそも有料施策自体が初めての人が感覚的に6割なんですね。

なので、「そもそも何がどうなったら集客が成功したといえるのか?」から解きほぐして説明する必要があるんです。

専門用語だとCACやLTVなんですが、要するに広告の費用対効果がどうやって判断できるのかについてお客様それぞれの様子を伺いながらご説明しています。
正直そこだけで商談の大半の時間を費やすこともあるんですよ。

おこがましい言い方かもしれませんが、「広告とは何か?」レクチャーするようなお話をしています。

Q.いわゆる売り込みとは異なる「情報提供」を意識しているんですね。
齋藤:EMEAO!に来る人はプロモーションの施策を何か試したいとは思っていらっしゃるんですよ。
でも、情報不足で踏み出せていないというのが一番の課題なんですね。

逆にいうと、情報を得て内容が腑に落ちれば試すのはやぶさかではない方たちでもあります。
だから、広告が自社の売上にどう役立つのかという話を徹底的に行って、経営判断の助けにしていただくことを目指しています。

結果的にEMEAO!の良さも理解してもらえるので、良いコミュニケーションが出来たらご契約になることがほとんどです。

商談イメージ。丁寧な提案が強みです。

なぜEMEAO!(株式会社doubLe)に?

Q.EMEAO!に参画した理由を教えてください。
齋藤:厳しいITベンチャーで営業をやりたいと思っていたんです。

元々「楽をしたい」と思う性格で、何となく色々なことが最低ラインはクリアできていたのでなぁなぁで生きてきたところがありました。
ただ、受験に失敗して浪人生活を送ったりと上手くいかないこともあったんですね。

それで就職活動をするタイミングで、「このまま何も考えずそれまで通りの生活をしていたら、人から尊敬されるような立派な人間にはなれない」と思ったんです。

それで一念発起して頑張ろうと思ったのですが、一番自分の想いを叶えてくれそうな場が株式会社doubLeで、EMEAO!でした。

実際に厳しい環境に身を置くことで成長できていると思います!

Q.営業として大切にしていることはありますか?
齋藤:個人的な意見ですが、「ウチの商品なら勝てるのに、自分が未熟で買ってもらえなかった」というのが一番苦痛だなと思っています。

EMEAO!と課題感がピッタリ一致していて成功事例にも近い企業様と契約が出来なかった際は、自分の営業力が低かったのだと落ち込みますね。
良いセールストークをすることはお客さんのためになると信じて、短い時間で少しでも信頼してもらえるように心がけています!

Q.最後に今後の目標と読者へのメッセージをお願いします。
齋藤:私はEMEAO!が発注先選びの最高峰のメディアになると思っています。
それをEMEAO!セールスチームの柱として成し遂げたいです。

もし集客に課題があるならぜひ私に相談してください。
1mmでも集客、広告、売上アップに課題や危機意識があるなら、EMEAO!で解決可能です。
絶対に満足させるプランをご提示するのでお任せください!

EMEAO!齋藤が新規集客の課題を解決します!

編集担当 田村
今回は、EMEAO!営業チーム齋藤の熱いメッセージをお伝えしました!
各社様の課題解決のためにEMEAO!の魅力を伝える姿が伝われば嬉しいです。
今後もEMEAO!では、集客の課題解決のための取り組みを鋭意実行して参ります!
スタッフ紹介もどんどんお届けしていくので、ご期待ください!
もっとEMEAO!のことを知ってください

もっと知る!EMEAO!では豊富な資料をご用意しております。
サービスの概要説明はもちろん実際の利用の流れ、直近のお問い合わせ案件サンプルデータ、実名顔出しのお客様成功エピソード集、私たちの取り組みなどコンテンツ盛りだくさん!
導入検討の材料に、また社内稟議を進める材料にもぜひご活用ください。
対面、ウェブ会議での直接のご提案も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ご利用者様の声
おすすめの記事